「就職」か「独立」か

*

「就職」か「独立」か

~行政書士で高収入を得る方法~


試験に合格し、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、次に待っているのは、独立して事務所を運営する「経営の覚悟」です。

行政書士は独立開業がとても多い業種です。一応、行政書士の求人はありますが決して多くはありません。また、一般企業や行政書士事務所に就職した場合の給料も20万円前後と低めです。福利厚生などの安心感はあるものの、好条件とはいえないこの給与額を知り、独立開業を選ぶ人が多いようです。

行政書士の仕事の仕方
ただ、お給料は安くとも、就職でしか得られないメリットはあります。それは、将来のためにノウハウを蓄積できるという、お金に代えられない貴重な経験です。私の知り合いで、弁護士事務所で働いていた行政書士がいますが、やはり民事にはかなり強いです。もし、就職するのであれば、将来どの業務を専門にしたいかを考えて、事務所を選ぶとよいでしょう。ただ、求人は本当に少ないです。ハローワークに行っても、月に1件あるかないかです。ネットや行政書士会などをうまく使って、募集している事務所を探して下さい。きっと見つかるはずです。

一方、独立開業を選んだ人は、「自営業」つまり「経営者」になることになります。会社員時代のように、上司が助けてくれることはありません。営業、集客、申請事務、帳簿管理、広報など、すべてを一人でこなさなければなりません。

まずはサイトを作ることをオススメします。自身の専門分野の紹介とともに、安心感や納得感を伝える内容を充実させ、積極的に営業をしてください。日本全国で勝負しようとはせず、地域一番店を目指す気持ちで……。行政書士は、高齢の方も多く、営業嫌いな人もたくさんいます。なので、サイトを充実させ、営業も積極的にする人は成功するといわれています。

また、研修会や総会に参加するといいでしょう。その支部で多い依頼内容や、先輩方の開業当時の話、営業方法、またその地域の料金相場などの情報も得ることができます。何よりも仲間ができるというのは、心強いものです。「食えない弁護士さん」も近頃は多いですが、やはり、本人のやり方次第だと思います。

合格はたんなるスタートラインに立っただけ。これからの努力で未来は決まります。「この仕事を選んで良かった!」と言えるように頑張って下さい。


>>具体的な仕事内容は現役行政書士のインタビューで




「就職」か「独立」か関連ページ

行政書士の年収がさらにUPする、たった2つの方法
むかしむかし、あるところに薬屋さんの町がありました。 そこには100近くの薬屋さんがあって、 みんなそれぞれ幸 […]
いろいろなところに顔を出そう
~行政書士で高収入を得る方法~ 試験に合格して、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、(さて、何をしよう?)と […]
ブログは「長い」と「短い」どちらがいいか?
~行政書士の年収を左右する営業方法~ ホームページを作った際、「顧客に人柄が伝わるように、日記形式のコンテンツ […]
「集客」と「成約」が高まるHPの作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 日本行政書士会への名簿登録が済んだら、まずはホームページを作ることをオス […]
ノウハウ本より「ブログの生の声」を参考にする
~行政書士で高収入を得る方法~ 『行政書士で年収○○○○万円稼ぐ方法!』『僕の年商が○万円から○○○○万円にな […]
「最強の名刺」の作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 元伊勢丹の名物バイヤーとして知られた故・藤巻幸大氏。彼は、伊勢丹に入社し […]
自分に合った「専門分野」を見つける方法
~行政書士で高収入を得る方法~ 成功している行政書士の仕事は、医者の仕事と似ています。 医者には「内科」「外科 […]
高年収を得るために「価格競争」に参加しない
行政書士の報酬は、各行政書士が自由に設定できます。このため、同じ申請でも行政書士によって数万円から数十万円と大 […]
「新規事業」か「価格競争」か
~行政書士で高収入を得る方法~ 近年、行政書士の定番の業務といわれる、建設業許可申請、外国人在留許可申請の業務 […]
「主婦」と「行政書士」の両立は可能?
「30歳を過ぎ、子育てと家事に追われるだけの日々に不安を感じています。来年から子供が入園するので、何か仕事をし […]