自分に合った「専門分野」を見つける方法

*

自分に合った「専門分野」を見つける方法

~行政書士で高収入を得る方法~


成功している行政書士の仕事は、医者の仕事と似ています。

医者には「内科」「外科」「整形外科」「皮膚科」と専門の科があります。もしあなたが風邪をひいて熱を出した場合、どの科に行きますか? そう、内科ですね。皮膚科に行っても仕方がありません。きっと「うちじゃ分からないから」と「内科」を紹介されるでしょう。

行政書士もこれと同じです。稼いでいる行政書士にはそれぞれ「誰にも負けない」という専門分野があり、仲間内との信頼関係によってつながっています。つまり、自分の専門以外のことは行政書士同志が紹介しあっているのです。

行政書士のネットワーク
例えば、「Mさんは建設業許可申請に詳しい」という評判が立ったとします。すると、風俗営業許可申請を専門にしているY行政書士は、建設業許可申請の業務を依頼された時、「それならMさんがいいですよ」とMさんを紹介するでしょう。専門ではない業務は、専門の行政書士に託す。その方が合理的であり、顧客のためにもなるのです。

こうして、Mさんは仲間からの紹介を受け、ますます建設業許可申請の経験を積むことになります。そして、その経験がさらなる信頼に繋がり、「建設業のエキスパート」として、行政書士仲間はもちろん、付き合いのある会社や、時に警察署からも仕事が舞い込むようになるのです。そして年収も自ずと上がっていきます。

とは言っても、この専門分野を見つけるというのは、とても難しいことです。

日本行政書士会連合会会長の北山孝次氏が、あるインタビューで「自分の得意分野を見つけるまでは、さまざまな仕事をするべき」と話していました。北山氏も30年前、行政書士に登録したてのころは、依頼された仕事は全て引き受け、さまざまな業務をこなす中で自分の得意分野を見つけていったそうです。

専門分野を持つためには、その分野である程度の業務量が必要になります。そう考えると、絞り込むというよりもさまざまな仕事をこなしていく中で、特定の分野が専門になっていくというのが実情なのでしょう。



>>具体的な仕事内容は現役行政書士のインタビューで




自分に合った「専門分野」を見つける方法関連ページ

行政書士の年収がさらにUPする、たった2つの方法
むかしむかし、あるところに薬屋さんの町がありました。 そこには100近くの薬屋さんがあって、 みんなそれぞれ幸 […]
いろいろなところに顔を出そう
~行政書士で高収入を得る方法~ 試験に合格して、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、(さて、何をしよう?)と […]
ブログは「長い」と「短い」どちらがいいか?
~行政書士の年収を左右する営業方法~ ホームページを作った際、「顧客に人柄が伝わるように、日記形式のコンテンツ […]
「集客」と「成約」が高まるHPの作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 日本行政書士会への名簿登録が済んだら、まずはホームページを作ることをオス […]
ノウハウ本より「ブログの生の声」を参考にする
~行政書士で高収入を得る方法~ 『行政書士で年収○○○○万円稼ぐ方法!』『僕の年商が○万円から○○○○万円にな […]
「最強の名刺」の作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 元伊勢丹の名物バイヤーとして知られた故・藤巻幸大氏。彼は、伊勢丹に入社し […]
高年収を得るために「価格競争」に参加しない
行政書士の報酬は、各行政書士が自由に設定できます。このため、同じ申請でも行政書士によって数万円から数十万円と大 […]
「新規事業」か「価格競争」か
~行政書士で高収入を得る方法~ 近年、行政書士の定番の業務といわれる、建設業許可申請、外国人在留許可申請の業務 […]
「主婦」と「行政書士」の両立は可能?
「30歳を過ぎ、子育てと家事に追われるだけの日々に不安を感じています。来年から子供が入園するので、何か仕事をし […]
「就職」か「独立」か
~行政書士で高収入を得る方法~ 試験に合格し、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、次に待っているのは、独立し […]