行政書士になるには? 試験の難易度、合格率

*

行政書士になるには? 試験の難易度、合格率

行政書士試験の難易度は?


(単位:人)
年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成18年度 88,163 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 81,710 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 79,590 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 83,819 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 88,651 70,586 4,662 6.60%
平成23年度 83,543 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 75,817 59,948 5,508 9.19%
平成25年度 70,896 55,436 5,597 10.10%
平成26年度 62,172 48,869 4,043 8.27%
平成27年度 56,965 44,366 5,820 13.12%
(出典:一般財団法人 行政書士試験研究センター)

上の表は、過去10年間の行政書士の受験者数と合格率を表したものです。合格率は4%~13%。100人中4~13人しか合格できないということですから、簡単な試験とはいえませんね。ただ、思い出してください。行政書士試験というのは84点以上、つまり6割正解すれば合格できます。ということは、こういうことになります。「100人中4~13人以外は、84点以上とれなかった」。

合格率にばらつきがあるのは、回によって試験の難易度が変わるからです。同じ学力で受験しても、合格しやすい年とそうでない年がでてきます。その年によって、試験が難しくなったり簡単になったりするのは、個人的にどうかと思うのですが、まあ「それが現実」ですから仕方がありません……。

ちなみに行政書士は、ほかの資格試験のように、「過去問を10年分ぐらいやれば合格できる」というような簡単なものではありません。勉強法の話をすると長くなりそうなので、また次の機会に触れたいと思います。


>>具体的な仕事内容は現役行政書士のインタビューで




行政書士になるには? 試験の難易度、合格率関連ページ

なぜ近年、行政書士試験で「通信講座」が注目されるのか?
一昔前、通信教育といえば「最初やる気があっても、だんだん飽きてきて、しかし容赦なくテキストが送られてきて、みる […]
行政書士は独学で合格できる? 独学が向いている人、向いていない人
さて、行政書士の試験勉強をはじめる前に、一番迷うことが「どうやって勉強しよう?」ということではないでしょうか? […]
行政書士の試験内容、試験日、試験資格、申込み方法など
このサイトを見て下さっている方から、「行政書士の試験についても書いてほしい」というメールをいただいたので、今日 […]
行政書士は「まとも」にやると儲かります
~行政書士で高収入を得る方法~ 先週、行政書士の集まりに顔を出しました。その時に聞いた、とっても気になる話。 […]
もし女性が行政書士になったら、一体どれくらい稼げるの?
行政書士を目指す女性にとって、これは切実な問題です。 行政書士というと、何となく男性のイメージが強いですが、世 […]
行政書士を目指す人が、知っておくべき収入のこと
-まずサイトを作り、地域一番店を目指す- もし行政書士になったら、一体どれくらい稼げるの? とても気になる問題 […]
行政書士って儲かるの? 儲からないの?
儲かる? 儲からない?  とてもシビアな問題ですよね。 高級マンションに住めるとか、ブランド服を値段を気にせず […]