行政書士は独学で合格できる? 独学が向いている人、向いていない人

*

行政書士は独学で合格できる? 独学が向いている人、向いていない人

さて、行政書士の試験勉強をはじめる前に、一番迷うことが「どうやって勉強しよう?」ということではないでしょうか?勉強法には、大きく分けて

1.独学
2.資格学校などへの通学
3.通信講座


の3つの方法があります。

ちなみに個人的な考えですが、今の時代、資格学校に通うのはちょっともったいない気がします(資格学校から怒られそうですが……)。これだけネットが発達した現代です。わざわざ学校に20万近く払って、電車に乗って(あるいは車で)通うのであれば、良い講師がいて質問に対するフォローがしっかりしている通信講座を選んだほうが、時間も労力もお金も少なくてすみます。なので、ここでは独学と通信講座にしぼって紹介しようと思います。


独学

独学とは、自分でテキストと問題集を購入して、一人で勉強する方法です。独学の最大のメリットは二つあります。一つ目は、やっぱり費用が安いこと。今朝、本屋でちらちらっと見てきたのですが、だいたい5000円~6000円ほど出せば、テキストと問題集が買えます。あと、もう一つのメリットは、自分のペースで勉強ができることです。


独学に向いている人、向いていない人
独学に向いている人は、時間に余裕がある人です。具体的には、主婦、学生、残業が少ない会社員など。性格的には、コツコツと勉強を続けることができる、忍耐力のある人。逆に、独学が向いていない人は、今書いたのとは正反対で、忙しくて勉強する時間がない人、コツコツ勉強するのが嫌いな人です。


行政書士を独学でやるなら、ココに注意!
独学は、自分のペースで勉強ができて、費用も安く魅力的です。が、もちろんデメリットもあります。デメリットを知ることはとても大切なので、下にまとめておきます。

1.テキスト・問題集選びで合否が決まる
独学では、教材選びが合否を決めるといっても過言ではありません。事前にネットなどで情報収集をして、大型書店に行き、手にとって見やすさや分かりやすさを確認することが大切です。

2.情報不足で井の中の蛙
行政書士試験は、毎年4月1日現在の法律に基づいて出題されます。しかし独学の場合、この法改正を知らずに受験してしまう危険があります。受験サイトや、予備校のホームページなどを定期的にチェックしましょう。

3.わからない問題が放ったらかしに……
わからないことが出てきても、誰にも質問できないのが、独学勉強のつらいところ。そんな時は、質問をためておいて、資格学校の1日講座などに参加して、講師に聞くという方法があります。インターネットの掲示板で質問する方法もありますが、これはちょっと顔の見えない相手だけに危険かな……?

4.スケジュール管理が肝心要
資格学校や通信講座は、合格のためのカリキュラムがしっかりと組まれていますが、独学では勉強のスケジュールを自分で組まなければいけません。これがなかなか面倒だったりします。勉強計画を立てる時のポイントは、「年単位→月単位→週単位→日単位」と、徐々に小さな枠組みに落としこんでいくことです。

5.自分が合格圏内にいるかどうか把握できない。
独学では、自分が合格圏に入っているかどうか確認できません。資格学校の模擬試験などを必ず受けて、定期的に実力を確認するようにしましょう。


>>具体的な仕事内容は現役行政書士のインタビューで




行政書士は独学で合格できる? 独学が向いている人、向いていない人関連ページ

なぜ近年、行政書士試験で「通信講座」が注目されるのか?
一昔前、通信教育といえば「最初やる気があっても、だんだん飽きてきて、しかし容赦なくテキストが送られてきて、みる […]
行政書士になるには? 試験の難易度、合格率
行政書士試験の難易度は? (単位:人) 年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 平成18年度 88,163 […]
行政書士の試験内容、試験日、試験資格、申込み方法など
このサイトを見て下さっている方から、「行政書士の試験についても書いてほしい」というメールをいただいたので、今日 […]
行政書士は「まとも」にやると儲かります
~行政書士で高収入を得る方法~ 先週、行政書士の集まりに顔を出しました。その時に聞いた、とっても気になる話。 […]
もし女性が行政書士になったら、一体どれくらい稼げるの?
行政書士を目指す女性にとって、これは切実な問題です。 行政書士というと、何となく男性のイメージが強いですが、世 […]
行政書士を目指す人が、知っておくべき収入のこと
-まずサイトを作り、地域一番店を目指す- もし行政書士になったら、一体どれくらい稼げるの? とても気になる問題 […]
行政書士って儲かるの? 儲からないの?
儲かる? 儲からない?  とてもシビアな問題ですよね。 高級マンションに住めるとか、ブランド服を値段を気にせず […]