高年収を得るために「価格競争」に参加しない

*

高年収を得るために「価格競争」に参加しない

行政書士の報酬は、各行政書士が自由に設定できます。このため、同じ申請でも行政書士によって数万円から数十万円と大きな差が出ます。日本行政書士会連合会ではこれらの報酬額について2年に1度、全国的な「報酬額統計調査」を行い、平均的な報酬額を発表しています。これを見ると

  • 建設業許可申請 10万~20万円
  • 宅地建物取引業者免許申請 5万~20万円
  • 風俗営業許可申請 10万~30万
  • 介護保険施設開設許可申請 50万
  • 産業廃棄物業許可申請 10万~50万
  • 会社設立 10万円
  • 帰化許可申請 20万~30万

低所得といわれがちな行政書士ですが、実は仕事に対する報酬は意外と高額なことに驚かれるのではないでしょうか? ただし近年、定型的な仕事では価格競争が進んでいるので注意が必要です。

行政書士の報酬額
先日、行政書士の部会に出席した友人から、興味深い話を聞きました。その会合で、こんな話が出たそうです。「最近、許可申請をやっている人の中で、極端に安い料金で請けている先生がいて迷惑している」というものでした。

すると、それを聞いていたA先生が「手数料のダンピングなんてナンセンスです!うちは埼玉県で一番高い金額で仕事を請けていますよ」と話されたそうです。すると傍らにいたB先生も「うちも金額の高さでは負けないよ!だって事務所が一等地にあるんだからね」、さらにC先生も「ほかの支部で活躍されている先生も、おのおのその分野での高額の報酬を提示している」となって、彼を含めた参加者はビックリしたといいます。

大切なことは「価格競争には参加しない」ことです。価格競争で勝てるのは資本力のあるところだけです。細々とやっている1人事務所が価格競争などに参加しようものなら、あっという間につぶされてしまいます。

「価格で戦わない」ためには、次の2点が重要になってきます。一つ目は「圧倒的な強みを持つこと」、二つ目は「経営方針を明確に打ち出すこと」です。

「お困り事はご相談ください」「親身に対応します」「何でも相談に乗ります」ではなく、自分が何を思って、なぜその業務を行っているのか、どんな点で差別化しているかを発信することが大切です。ちょっとしたアイデアやノウハウはすぐに真似されてしまいますが、「習得するのに時間を要すること」を強みとして持っていれば、大きく差別化ができ、地域で一番高額な報酬設定が可能となるのです。


>>具体的な仕事内容は現役行政書士のインタビューで




高年収を得るために「価格競争」に参加しない関連ページ

行政書士の年収がさらにUPする、たった2つの方法
むかしむかし、あるところに薬屋さんの町がありました。 そこには100近くの薬屋さんがあって、 みんなそれぞれ幸 […]
いろいろなところに顔を出そう
~行政書士で高収入を得る方法~ 試験に合格して、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、(さて、何をしよう?)と […]
ブログは「長い」と「短い」どちらがいいか?
~行政書士の年収を左右する営業方法~ ホームページを作った際、「顧客に人柄が伝わるように、日記形式のコンテンツ […]
「集客」と「成約」が高まるHPの作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 日本行政書士会への名簿登録が済んだら、まずはホームページを作ることをオス […]
ノウハウ本より「ブログの生の声」を参考にする
~行政書士で高収入を得る方法~ 『行政書士で年収○○○○万円稼ぐ方法!』『僕の年商が○万円から○○○○万円にな […]
「最強の名刺」の作り方
~行政書士の年収を左右する営業方法~ 元伊勢丹の名物バイヤーとして知られた故・藤巻幸大氏。彼は、伊勢丹に入社し […]
自分に合った「専門分野」を見つける方法
~行政書士で高収入を得る方法~ 成功している行政書士の仕事は、医者の仕事と似ています。 医者には「内科」「外科 […]
「新規事業」か「価格競争」か
~行政書士で高収入を得る方法~ 近年、行政書士の定番の業務といわれる、建設業許可申請、外国人在留許可申請の業務 […]
「主婦」と「行政書士」の両立は可能?
「30歳を過ぎ、子育てと家事に追われるだけの日々に不安を感じています。来年から子供が入園するので、何か仕事をし […]
「就職」か「独立」か
~行政書士で高収入を得る方法~ 試験に合格し、日本行政書士会への名簿登録が済んだら、次に待っているのは、独立し […]